ワイモバイルへのMNP(乗り換え)で気を付けるべき注意点と手順とは?

当サイトでも、【ワイモバイルとはどんなキャリアで、どんな特徴・強みがあるのか?】を紹介しました。

今回の記事では、その続編として【実際にワイモバイルにMNP(乗り換え)するにあたって気を付けるべき注意点&手順】についてをお話していきます!

関連記事のIDを正しく入力してください

前回の記事はこちらから↑

ワイモバイルへのMNP前に注意しておくべきことは?

まずは、早速ですがワイモバイルへのMNP前に注意しておくべきことをまとめてみました。

①キャリアメールが変わる

これはワイモバイルへのMNPに限らずですが、キャリア間をまたぐとキャリア独自のメールアドレス(例:ドコモなら@docomo.ne.jp)が利用できなくなってしまいます。

MNPが無事完了したあとに、キャリアメールを使ってやり取りをしていた友人に変更を知らせたり、登録していたメールマガジンを再登録したりすれば問題はないのですが、万が一「仕事で大事なやり取りをしていて途切れると困る」といった場合などは、一時的にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールに連絡先を移したりする必要があります。

MNP完了後は「@ymobile.ne.jp」のメールアドレスが付与されますが、自身で設定する必要があります(記事後半で解説します)。

②キャリアのクラウドサーバーに預けているバックアップを回収する

MNP手続きが完了すると、ドコモの「ドコモクラウド」、auの「auバックアップアプリ」は即時で利用ができなくなり、預けているデータが無くなってしまいます。本体の容量を確保するためにデータをクラウドにのみ保管している方は、うっかり先にMNP手続きを完了させてしまって大切なデータが消失……なんてことにならないように気を付けましょう。

ただし、ソフトバンクからのMNPの場合のみ、ワイモバイルユーザーもYahoo!かんたんバックアップが引き続き容量無制限で利用できるためそのまま引き継ぎが可能です。

iPhoneユーザーの方はiTunesもしくはicloudがほとんどだと思いますが、Androidユーザーでクラウドしか利用していない方は気を付けましょう。

③貯めたポイントがある場合は使い切る

キャリア内で貯めたポイント(例:ドコモならdポイントなど)がある場合は事前に使い切るか、キャリアが発行するプリペイドカードにチャージしておきましょう。

カードにチャージしておけば、解約後もプリペイドカードとして残った残高分の買い物はできるので、こちらもうっかり消失のないように気を付けましょう。キャリアのポイントって思っている以上に意外と貯まってるものだったりしますよ!

※ただ、解約後はアプリを通じての残高の照会ができなくなるので覚えておきましょう!

ちなみにソフトバンクの携帯料金に応じて貯まるポイントはTポイントなので、解約後もポイントが失効することはありません。しかし、【期間限定Tポイント】という一定の期間で消失してしまうポイントの場合は気づかぬ間に失効してしまうこともあるので注意してくださいね。

もうひとつの注意しておくべき点とは?

MNPにおいてもうひとつの注意しておくこと。それは、「どこでMNP手続きをするのか?」という点です。

「どこでってどういうこと?乗り換えって店頭で手続きするんじゃないの?」と思われた方もいるかもしれません。しかし、今やスマートフォンの乗り換えは必ずしも店頭でしか出来ないものではありませんし、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ケース①:ワイモバイルショップでMNP

一番先に頭に浮かぶのがこれでしょう。ワイモバイルは他の格安スマホキャリアと違い、ある程度の店舗数がありますからね。

ワイモバイルショップでの手続きはやはり、「スマホの実機が触れる&初期設定をしてくれる」というのが大きなメリットだと言えます。

しかし、反面デメリットも大きく、「知らぬ間に不必要なオプションに加入させられていた」「店舗の規模が小さいためいつ行っても待ち時間がある」などが挙げられます。

ワイモバイルでは初月無料・2か月目から月額540円のオプションをはじめいくつかのオプションがありますが、そのすべては全くもって強制加入ではありません。しかしハズレの店舗によっては、「初月の加入は絶対だ」などと勧めてくる従業員がいたりもしますので要注意です。

ケース②:家電量販店&併売店でMNP

2つ目のケースが、家電量販店や併売店と呼ばれる【ひとつのブースでそれぞれのキャリアのスマホを扱っている形式のお店】です。

こちらの場合、全キャリアを扱っているためにスタッフの知識がショップに比べ乏しい&余計なオプションを勧められたり、果ては全く無関係なウォーターサーバーを勧められたりと、はっきり言って良い部分は無いに等しいです。

こういった店舗で乗り換えをする唯一のメリットが「値引きなどの特典を受けられる」ことなのですが、それはあくまで大手3キャリアのどれかの場合。ワイモバイルへのMNPにおいては雀の涙ほどの値引きしか受けられないに加え、条件として高いオプションがくっついてくるので結局赤字になること必至と考えた方がいいです……。

ケース③:オンラインショップでMNP

3つ目の選択肢としては、「ワイモバイルの公式オンラインショップでMNP手続きをする」です。

街のショップと比べて何が優れ何が劣っているかと言えば、

メリット

  • 余計なオプションを付けられる心配がない
  • オンライン限定商品&限定割引がある

デメリット

  • 料金面などでの知識が必要
  • 初期設定を自分でする必要がある

こんな感じです。

僕自身がどれかひとつをおすすめすると言えば、このオンラインショップを推します。

僕が住んでいる街の駅前にもワイモバイルショップがありますが、やはり店舗が小さいだけにいつもぎゅうぎゅうにお客さんが入っています。というか、ケーキ屋さんと同じくらいのブースしかないため、2組お客さんが入ろうものなら窮屈な状態になっているわけですね。

ケータイには知識が必要……といっても、いままでの大手キャリアに比べたらめちゃめちゃシンプルで簡単になっていますし、初期設定だって同梱されてくる説明書に従って少し操作するだけです。

店頭での混雑・待ち時間も回避できて、なおかつ余計なオプションを付けられる心配もなく限定の値引きやセールまである……と考えればオンラインショップが賢い選択だと思います!

ワイモバイルオンラインショップを見てみる

ワイモバイルへのMNP手順解説!

さて、ここまでで紹介した注意点にすべて目を通したら、本題の乗り換え手順の解説に移っていきましょう!

①MNP予約番号の取得

まずは、番号をそのまま引き継ぐために「MNP予約番号」という番号を取得します。

今使っているキャリアの窓口へ電話をし、アナウンスで指定される番号を入力していくとオペレーターに繋がって番号を発行してくれます。

予約番号発行窓口

docomo
0120-800-000(ドコモ携帯からは151)
(9:00~20:00)
au
0077-75470(au携帯・その他共通)
(9:00~20:00)

キャリアによっては必死の引き止めを喰らい、「ポイントあげるから残ってください!」なんて提案されますが、せいぜいポイントを使い切るまでの向こう3か月くらいしか安くならないケースがほとんどなので、スッパリ断っちゃいましょう。

②オンラインショップにて申し込み

予約番号が取得できたら、オンラインショップにて機種&料金プランを決めましょう。

とはいえ、前の記事で紹介したようにワイモバイルの料金プランは10分かけ放題があらかじめセットになっているので、自身の使うデータ通信料に応じて以下から選ぶだけです。

オプションについては、

  • 故障安心パック
    月額500~690円(機種によって異なる)で、自然故障の場合無料で補償が受けられる。全損の場合でも店頭にて5000円で新品機種と交換ができる。
  • Enjoyパック
    初月無料・翌月以降月額540円。Yahoo!ショッピングで使える500円ぶんのクーポンが毎月もらえる&ショッピングでのTポイント各得率が5倍上乗せになる。頻繁にYahoo!ショッピングを利用する方にはいいかも。
  • かけ放題オプション
    月額1000円。文字通り、いつ・誰に電話をかけても定額になるオプション。

以上の3つの中から欲しいものだけチョイスすればOKです。

余談ですが、僕は今まで落としたり故障した経験がない&すぐ機種を変えるタイプなのでいつも補償はかけません!

ともあれ、全て決まったら注文を確定しましょう!

③商品が到着したら

注文した曜日や時間帯・住んでいる地域にもよりますが、2~3日もあればすぐ商品が届きます。

同梱されている説明書に応じて、アクティベーション(初期設定)を行いましょう。ちなみに、初期設定については機種によって異なるのでここでは割愛します。

④キャリアメールを設定しよう

最後に、ワイモバイルでのキャリアメールを設定します。初期状態だと英数字の羅列になっていますから、ご自身の好きなものに変更しましょう。

メールアドレス設定

  1. 画面右上の「メニュー」を選択
  2. 画面中央の「メールサービス」を選択
  3. 「メール設定(yahoo.ne.jp)」を選択
    ※契約者確認が表示された場合は、My Y!mobileにログインする際のパスワードをご入力ください。
  4. Y!mobile メールアドレス(@yahoo.ne.jp)を入力し、「次へ」ボタンを選択
  5. Y!mobile メールアドレスを取得した際に決めていただいたパスワードの入力
    ※「Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方」よりメールアドレスを取得した場合は、Yahoo! JAPAN IDのパスワードになります。
    ※すでにログイン済みの場合、この画面は表示されません。
  6. ご希望の「変更後メールアドレス」を入力し、「設定」を選択
    ※ユーザー名は、3文字以上29文字以内です。
    使用可能な文字:半角小文字英数字、「 _ 」(アンダーバー)、「 . 」(ドット)、「 – 」(ハイフン)
    先頭の文字は小文字アルファベットのみ使用できます。
    「 .(ドット)」の末尾での使用や、連続使用はできません。
  7. 変更後メールアドレスが表示されますので、「同意のうえ、設定する」を選択※メールソフトをご利用の場合は、設定の変更が必要です。

また、Yahoo!JAPANのトップページからでも変更ができます。詳しくはこちらからどうぞ!

Yahoo!JAPANトップページからのメールアドレス変更設定について

まとめ

以上が、ワイモバイルへMNPする際に気を付けるべき注意点と手順についてでした。いかがでしたか?

ケータイの乗り換えというと小難しいイメージがありますが、忙しい方でも自宅で受け取り自宅で完了できてしまうくらい楽ちんなものになりました。店頭での待ち時間解消や、いつもよりおトクにスマホを購入するために、オンラインショップを利用するのもいいかもしれませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ワイモバイルオンラインショップへ

トップページに戻る